ポケモンGO|効率的な捕まえ方&アプリ攻略法まとめ【無料】

poke20

Pokémon GOってどんなアプリ?

世界中で愛される大大大ヒットゲーム「ポケモン」。

ゲームだけでなくアニメやグッズなど、これでもかというくらい日常の中に溶け込んでいますよね。

そんなポケモンがもっと身近になるスマホ向けアプリが今夏リリースされました。

その名も「Pokémon GO(ポケモンGO)」です!

poke2

ポケモンGOは、スマホを通じてポケモンの世界を疑似体験できる、ファンにとっては夢のようなアプリ。

ポケモンに夢中な人も、かつてポケモントレーナーだった人も、新しいポケモンの世界に飛び込むことができます。

一足先にリリースされたアメリカでは、社会現象になるほどブームになり、日本上陸前から話題が沸騰していましたね。

そして、ポケモンの本場とも言える日本で配信されるやいなや、たちまちポケモンGOフィーバーに包まれました。

懐かしさと斬新さを兼ね備えたポケモンGO、まだプレイしていない人は今回の記事をぜひ参考にしてみてください!
 

Pokémon GOの特徴

ピカチュウ、カイリュー、ヤドラン、ピジョン…このポケモンの並びにピンときた人は20代~30代前半の方ではないでしょうか。

初代ポケモン全ての名前をリズムに合わせて歌った「ポケモン言えるかな?」の歌詞ですね。

今や700匹を超える種類のポケモンですが、初代は151匹だったのはご存知でしょうか。そんな中、ポケモンGOに登場するのは現在初代のポケモンのみ。

正直、最近は種類が増えすぎてよく分からない、という元ポケモントレーナーが懐かしくなるラインナップです。

poke3

ポケモンGOは、この151匹のポケモンを集めて図鑑を完成させることが一番の目標です。

それだけでは初代ポケモンと何ら変わらないように思えますが、ポケモンGOの目玉は何といってもGPSと連動した現実世界とのリンク。

自分が実際にいる場所でポケモンと出会い、モンスターボールを使ってゲットする。誰しもが一度は想像したポケモンの世界が、スマホで体験できてしまうんです。

ゲームを始めると、ウィロー博士からポケモン図鑑を託され、ポケモン集めをお願いされます。この流れはポケモンの伝統ですよね。

poke5

まずは、分身となるプレイヤーの容姿のカスタマイズから始まります。肌や目の色などは変更できませんが、服装はあとあと着替えることができるので、深く考えなくても大丈夫です。

poke26

次に、最初のポケモンを捕まえることになりますが、実際に移動してポケモンを探します。

poke6

一番最初のポケモンといえば、やっぱり「フシギダネ」「ヒトカゲ」「ゼニガメ」の三種類。画面上に三体出るものの、捕まえることができるのは一体のみ。よく悩んで選びましょう。

poke4

なお、この状態で歩き回っていると稀にピカチュウが出現します。欲しい方は探してみるのも手ですね。

捕まえたいポケモンが決まったらタップしてください。すると、遭遇画面に切り替わるので、ここで最初の捕獲となります。

poke21

画面で元気に飛び跳ねるポケモン。以下に、捕まえ方(遊び方)を説明していきます。

ポケモンの捕まえ方

①まずはモンスターボールをタップ

②ポケモンの周りにサークルが表示されている状態で、モンスターボールをスワイプ

poke7

③ポケモンに当たれば捕獲開始

④ボールが揺れて、最後までポケモンが飛び出さなければ成功!

このボールが揺れて捕まるか捕まらないか瀬戸際のドキドキ感、たまらないですね。珍しいポケモンをゲットできた時は、思わずガッツポーズしてしまいます。

この捕獲時に、AR機能を使って自分がいる場所にポケモンを映し出すことができるのも、ポケモンGOの特徴の一つです。

例えば、GPSで出現したポケモンが自分の部屋に登場した場合は、スマホの画面上に自分の部屋が映し出され、自分の部屋の中にポケモンがいる臨場感が味わえるんです。

自分が普段使っているテーブルの上で元気に動くポケモン。これはテンション上がりますね。

また、モンスターボールを使って野生のポケモンを手に入れる以外にも、タマゴを孵化させることでポケモンをゲットすることもできます。

たまごを孵化装置に入れた状態で移動すると、徐々にポイントが貯まっていき、規定に達すると見事新しいポケモンが生まれます。

poke8

タマゴにはいくつか種類があり、2kmで孵化するたまごもあれば10kmで孵化するたまごもあります。基本的には、必要な移動距離が多いタマゴほどレアリティ(レア度)の高いポケモンが生まれる傾向にあるようです。

ただし、タマゴを孵化させるには徒歩で移動することが条件となります。車や電車のスピードで動いた時には、ポイントが貯まっていかないので注意してください。

集めたポケモンは鑑賞するだけでなく、あるアイテムを使って育成することができます。

そのアイテムとは、博士にポケモンを送るともらえるアメ。

poke22

アメには二つの役割があり、必要個数をあげることでポケモンを強化&進化させられるので、複数捕まえたポケモンは積極的に送ってあげましょう。

他にも、ポケストップと呼ばれるエリアに近づくと、ゲーム内で使えるアイテムを入手することができます。

poke10

ポケストップは、通常四角いオブジェとして画面に表示され、近づいた時にモンスターボールのような形に変化します。

poke23

この状態でタッチすると、詳細画面で横にスワイプすることでランダムにアイテムが排出されるという仕掛けです。

ポケストップは、地域の名所となる場所や意外な穴場まで各地に広がっているので、ポケストップ探しもポケモンGOの楽しみの一つでしょう。中には思わず笑ってしまう名称のポケストップもあり、Twitterなどで話題によく上がっています。

個人的にセンスを感じたのは、某所にある「ラーメンマンの壁画」というポケストップ。

残念なことにスクリーンショットを撮り忘れてしまったのですが、やけに上手いラーメンマンの落書きのインパクトが凄まじく強烈な印象が残っています。

一体どういう基準でポケストップは選ばれているのでしょうか(笑)

さて、アイテム集めに欠かせないポケストップですが、具体的にどんなものが入手できるのでしょうか。一覧にしてまとめてみました。

ポケストップで入手できるアイテム【レベル別】

トレーナーレベル1~9

・タマゴ
・モンスターボール
・げんきのかけら
・傷ぐすり
・ズリのみ

トレーナーレベル10~19

・いいキズぐすり
・スーパーボール
・すごいキズぐすり

トレーナーレベル20~30

・ハイパーボール
・まんたんのキズぐすり
・げんきのかたまり

poke11

そして、ポケモンの醍醐味であるトレーナー戦。これもちゃーんと実装されています。

ポケモンGOをダウンロードした人と道端でバトル!なんてことは今の所できませんが、各地に設定されたポケモンジムのリーダーを賭けたトレーナー同士の戦いがあります。

育てたポケモンを持ち寄り、トレーナーとの熱いバトルに勝てば、見事ジムリーダーに就任です。

このジム戦は、トレーナーのレベルが5にならないと挑戦できません。そして、ジムを防衛するポケモンは大抵レベルが高く、ちょっとやそっとじゃ落とせません。

ポケモンバトルに重要なのはステータス。本家ポケモンには攻撃力や防御力といった細かい内訳が存在しますが、ポケモンGOではHPとCPという数値が強さの基準となります。

HPは体力、CPとは単純な強さを表しています。これが高ければ高いほどそのポケモンは強い、ということですね。

poke9

ジムを防衛するポケモンは大抵1000を超える高CP!

通常、野生で捕まえたポケモンのCPは高くても200程度くらいなので、いかにジム戦の敷居が高いのかお分かりでしょう。

さて、CPやHPを強化するには博士にポケモンを送ることで入手できるアメ以外に、『ほしのすな』というアイテムが必要です。

poke24

ほしのすなは、「ポケモンを捕まえる」「ポケモンを孵化させる」時にしか手に入らず、これがなかなか希少。強化に使う数に対して一度に使う数が多いので、足りなくなることがしばしば。

どのポケモンを強化するか、よく考えてから使ったほうがいいですね。

また、ポケモンを進化させれば同様にHPとCPは上昇します。

はじめは弱くても進化させれば見違えるように強くなるポケモンもいるので、愛情を持って育ててあげましょう。
 

実は、裏ワザ?Pokémon GOの隠しテク!

ポケモンGOを始めて最初に思うのが、「モンスターボールが上手く投げられない」ではないでしょうか。

poke12

ポケモンGOのチュートリアルは説明不足な点が多く、初心者トレーナーは戸惑うことが多いはずです。

特に困るのが、モンスターボールを投げる時のテクニック。

どうすれば上手く投げられるのか、どうすれば捕まりやすくなるのか。ポケモンを上手く捕まえるためのマル秘テクニックを伝授しましょう。

ポケモンGETの裏ワザ①

モンスターボールをまっすぐ投げよう!

モンスターボールの投げ方にも色々ありますが、基本となるのは真っ直ぐ投げること。ポケモンに向かって真っ直ぐボールを投げることが上達への近道です。

poke7

しかし、いざ真っ直ぐ投げようと思っても最初は中々上手くいかないもの。

そこで、簡単に真っ直ぐ投げる方法として「ポケモン以外の目標に向けて投げる」という裏技があります。

一番おすすめなのが、画面の上に表示される時計を狙って投げるやり方です。時計に向けて指を動かすように意識するだけで、ボールが素直に飛んでいきます。

この時に気をつけなければならないのが、指をじっくり動かしたり不用意にスピードを上げたりしないこと。焦らず急がす、スムーズに投げることでボールはちゃんとポケモンに当たってくれます。

ポケモンGETの裏ワザ②

ベゼル投げをマスターしよう!

TwitterやFBはゲーム攻略の宝庫です。ユーザーたちの情報交換で広まったテクニックが数多くあります。

その中の一つ『ベゼル法』を紹介しましょう。

「ベゼル」とはフチを意味する言葉で、文字どおりフチに沿って投げるテクニックです。

ポケモンGOには、ボールを投げ始める位置を画面端にして、そのままフチをなぞってスワイプすれば自動でポケモンへ向かっていく謎の仕様があります。バグなのか、はたまた初心者救済のために設けられているのかは分かりませんが、使わない手はありません。

ただし、小さいポケモンは捕まえづらいという欠点もあるので、うまく使い分けていきましょう。

ポケモンGETの裏ワザ③

投げ方を工夫して捕獲率を上げよう!

やっとの思いでボールがポケモンに当たった、と思いきやあっさりボールから出てしまい、最後はポケモンに逃げられてしまった経験があるでしょう。

poke13

ポケモンGOは、ゲームを進めれば進めるほどポケモンが逃げやすくなり、ポケモン集めが難しくなっていきます。ズリの実を使うことで捕獲率は上昇するものの、数に限りがあるため頻繁に使うことはできません。

そこで重要となるのがボールの投げ方。

実はボールの投げ方が捕獲率と密接に関わっているんです!

ポケモンをゲットした際にリザルトが表示された時、カーブボールやナイスボールといったボーナスが加算されることがあります。

ボールの投げ方によって経験値に変化するこのシステム。実は捕獲率が上昇しているんです。

poke25

ボーナスが加算される捕獲率は以下の通りになります。

ボーナスが加算されるボールの投げ方

・カーブボール/1.2倍
・ナイススロー/1.0倍
・グレートスロー/1.3倍
・エクセレントスロー/1.5倍

投げ方一つでこんなにも違いがあるんですね。

しかし、エクセレントスローを狙って成功させるのは至難の技。こればかりは狙って出すとなると練習が必要です。

そもそもエクセレントスローとは、ポケモンが現れた時に発生するサークルがなるべく小さい時にモンスターボールを投げる、最も評価の高い投げ方を指します。

タイミングを計ってうまくボールを投げる必要があるため、テクニックというより経験が必要。

はじめはうまくいかないと思いますが、失敗してもペナルティがあるわけではありません。極力エクセレントスローになるよう意識したほうがいいでしょう。
 

Pokémon GOの攻略アドバイス

ポケモンGOの目的は何でしょうか。

ポケモンをたくさん集めること、最強のポケモンを育ててトレーナー戦で勝ちまくることなど、おそらく千差万別ですよね。

しかし、どんな方向性でポケモンGOを進めていくにせよ、トレーナーレベルを上げていくことが最も重要です。

poke27

トレーナーレベルが上がると、出現するポケモンやアイテムに変化が現れるため、ポケモンGOの世界がより広がっていきます。

レベルが上がることによる特典は以下の通りです。

トレーナーレベルが上がるごとにもらえる特典

・レベルが上がるごとにアイテムがもらえる
・使用可能になるアイテムが増える
・野生のポケモン、不可するポケモンのCPが高くなる
・ポケモンのCP上限値が上昇する

これだけ特典があるので、トレーナーレベルはなるべく上げていきたいところですね。

poke11

トレーナーレベルは上がれば上がるほど必要な経験値が増え、レベル10を超えたあたりから経験値集めに苦労します。いかに効率よくレベルを上げられるかが攻略のカギです。

この攻略方法はいくつかありますが、ここでは代表的なものを3つ紹介していきます。

効率のいい経験値稼ぎの方法①

「ポッポマラソンで稼ごう!」
ポケモンGOのプレイ中によく遭遇するポケモン「ポッポ」。おそらく世界で一番乱獲されているポケモンではないでしょうか。

poke15

ポッポばかり出現してヤキモキしているトレーナーは多いと思いますが、実は経験値稼ぎには欠かせないポケモンなんです!

ポケモンを進化させることで、500XPの経験値を取得できます。これはポケモンのタマゴ(10km)を孵化させた時に次いで多い値です。進化はかなり効率の良い経験値稼ぎの方法だと言えます。

ポケモンを進化させるには、「ポッポのアメ」というアイテムが必須。

アメは種類によって必要個数が変わり、ポッポはアメ12個で進化させられる成長速度の早いポケモンです。

アメは、捕まえた時点で3個博士に送ると1個もらうことができるので、単純に3匹を捕獲した時点でポッポを進化させることができます。

ポッポの進化を繰り返すこと、これが「ポッポマラソン」になります。

poke18

また、ポッポの他にもアメ12個で進化するポケモンは「キャタピー」「ビードル」の2種類。見つけたら面倒くさがらず集めておきましょう。

poke19

効率のいい経験値稼ぎの方法②

ポケストップ密集地域で稼ごう!

日本中に散らばるポケストップですが、有名なスポットや観光地では集中して設置してあることがあります。

自分の住んでいる近くにポケストップ密集地域があればラッキー!経験値稼ぎのチャンスです。

poke16

ポケストップを回すことで入手できる経験値は50と微々たるものですが、チリも積もればオツキミヤマ。しかも、ポケストップは5分で元どおりに復活し、再度利用することができます。

仮にポケストップが5つある場所なら、5分おきに250の経験値が手に入る計算です。ポケモンの捕獲と併用してポケストップを回せば、経験値効率はかなりのものになるでしょう。

効率のいい経験値稼ぎの方法③

ルアーモジュールで稼ごう!

ポッポを集める、ポケストップの密集地帯に常駐する、といった攻略方法を紹介しましたが、それら攻略法をさらに効果的にする方法があります。

それが『ルアーモジュール』というアイテムの使用です。

poke17

ルアーモジュールを使うと、30分間ポケモンが集まりやすくなるという効果があります。ポケモンが集まりやすくなれば当然捕まえる機会も多くなり、経験値も効率良く稼げるというわけです。

このルアーモジュールをポケストップで使えば、スピーディーなレベル上げができるでしょう。

なお、ルアーモジュールは課金アイテムですが、トレーナーレベルが上がる時の報酬に含まれていることがあります。出し惜しみするよりはどんどん使っていくべきです。

また、ルアーモジュールは使用者以外にも効果が適用されるので、マップ上で舞う花びらを見つけたら出向いてみましょう。

以上が、序盤に効率良く経験値を集める攻略法になります。
 

Pokémon GOを遊んでみた感想まとめ

ポケモンGOを一番楽しめる世代は、80年代後半~90年代前半生まれのトレーナーではないでしょうか。

poke28

同世代の私は小学生の頃、時間も忘れてプレイした記憶がポケモンGOで蘇りました。童心に帰ることができるゲームって、そうそうないですよね。

今でもスラスラとポケモンの名前が言えるのは、それだけ心にポケモンが強く刻まれているからでしょう。

ただ、人気の一方で歩きスマホによる事故の増加など、ポケモンGOに関するトラブルの報告も相次いでいます。公式ホームページからアナウンスの通り、周囲の迷惑にならないよう安全を心がけて楽しむことが大切です。

poke1

マナーを守って、ポケモンGOの世界へ飛び込みましょう!
 

Pokémon GOを今すぐ落としてみる

Pokémon GOを App Store でダウンロード
Pokémon GO – Google Play の Android アプリをダウンロード

アプリ名:
Pokémon GO

対応OS:
iOS8.0以降、Android4.4以上

開発者名:
Niantic, Inc.

販売価格:
無料

※価格は変更されている場合があります。ダウンロード前に各ストアをご確認ください。

この記事を書いた人

ヴィスコ
ヴィスコ
雑食系webライター。なんでも書きます、を売りにしていたらアクアリウムまで始める羽目に。仕事が増えると趣味も増える不思議体験中。

Facebookはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)